きゅうかくうしお的「醸す」プロジェクト

2021.10-2022.1
About
Labo
Report

About

2022年1月23日〜2月5日、きゅうかくうしおは兵庫県豊岡市の「城崎国際アートセンター」にて新作の滞在制作を行う。
お題は「醸す」。「発酵」「腐敗」「分解」「循環する生態系」など、 「醸す」に関わる全てを対象とし、22年1月の滞在制作までの期間中、メンバー各自がリサーチや考察を行う。
このページは、各メンバーの取り組みを共有する、きゅうかくうしおのための公開レポートである。

Kyukaku Labo

きゅうかくうしお発酵状況
【2022.1.23】7人が城崎国際アートセンターに到着。城崎近隣の醸す人たちとのトークセッションを行う。
【2022.1.24〜】メンバー各自がリサーチを開始
【2022.2.4】新作の試演会を城崎国際アートセンターにて上演→中止
作品「KU的醸すin城崎」をコンストラクションとして販売決定→詳細はworksページへ

Research Report

松澤(映像)と矢野(宣伝美術)による「各分野で醸すことに関わっている人たちの取材レポート」
vol.1 料理家

かみやいずみ「時間を加える」

Click Here
vol.2 麹屋

宮本貴史「与えられた環境で最善を尽くす」

Click Here
vol.3 醤油ソムリエール

黒島慶子「分からないことだらけだから面白い」

Click Here
vol.4 コミュニティディレクター / 福祉環境設計士

藤岡聡子「人でなく過程や背景に興味がある」

Click Here
vol.5 理学療法士

川田尚吾「社会を変えるきっかけのひとつとしてアプローチ」

Click Here
vol.6 看護師

菊池郁希「自分の感情を大切にする

Click Here
vol.7 医師

杉浦由希子「考えることをやめない」

Click Here
vol.8 ガーデンデザイナー

Andy Cunningham「自然と人間の良いバランスを」

Click Here
vol.9 建築家・美術家 

上野有里紗・立石従寛「向かい合うのではなく、同じ対象を見る」

Click Here
vol.10 藍師 / 染師

根岸誠一「ロックでいうところのヘブンズドアー」

Click Here
vol.11 醸す人たちin城崎

豊岡・鳥取在住者「醸しだされる地域の文化をさぐる」

Click Here