We communicate ideas
through our “chemical reaction”

beyond each performance
We disclose the process of our thoughts
CONCEPT

2010年、辻󠄀本知彦と森山未來が立ち上げたユニット「きゅうかくうしお」。

出会った当初はねじくれた感情(愛)により互いを認め合わず、否定し続ける日々。
しかし2010年、非生産的な関係性を打破するべく、ついに 2 人で作品を創ることを決意したのが「きゅうかくうしお」のはじまり。ユニット名は、子どもが生まれたらつけたい名前として、辻󠄀本が「きゅうかく」、森山が「うしお」と命名したことによる。

現在では、今までに関わったスタッフをメンバーとして固定化し、9人体制で活動。

クラウド上でのやり取りや、定期的に行われるミーティングやリサーチ、さらには地方での滞在制作など、常に作品に向けての意見交換をメンバー全員で積み上げてきた。

これまでに交わされてきた膨大なアイデアやイメージを元に、ダンスカンパニーでもなく、期間限定のユニットでもなく、コンスタントに関係性を築き続けるメンバー9名が考える「きゅうかくうしお」の新たな作品創作のあり方を提示する。

サイト内「creative tree」ページにて、クリエーションの過程を可能な限り全面的に公開中。

KEYWORD


Move
& Think

Thought is consubstantiated with the movement.

現在
Now
& History

Today, of something, to change with the times.

社会
Society
& Individual

Society and the individual are inseparable.

日本
Japan
& World

Japan boasts beautiful scenery―superb scenery.


Life
& Death

Life is dear to everybody.

CREW

Tomohiko Tsujimoto
Tomohiko Tsujimoto

Choreographer, Dancer

辻󠄀本知彦/踊り子

www.tsujimoto.dance

大阪府出身。1977年12月10日生まれ、AB型。幼少期にダンスを始めず、小学校からバスケに没頭し数々の成績を収める。18歳の時にダンスとスノーボードを始め、97年渡米後、自ら海外を転々し2007年シルク・ドゥ・ソレイユにて日本人男性ダンサーとして初めて起用される。その後『Michael Jackson The Immortal World Tour』27カ国485公演を成功させる、現在振付師としても活躍をしている。

【出演/振付】

  • ローラン・プティ振付『ピンク・フロイド・バレエ』
  • プレミアム・ダンス・ガラ 白河直子とデュオ作品『透き通った夢』
  • 蜷川幸雄演出『青い種子は太陽のなかにある』

【振付】

  • 東宝ミュージカル『RENT』
  • 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』
  • 第67回 NHK 紅白 歌合戦・郷ひろみ『言えないよ』土屋太鳳

【ダンス指導/振付】

  • Sia『Alive』日本版 MusicVideo 土屋太鳳
  • 米津玄師『LOSER』Music Video
Mirai Moriyama
Mirai Moriyama

Dancer, Actor

森山未來/踊り子

www.miraimoriyama.com

兵庫県出身。1984年生まれ。演劇、ダンスといったカテゴライズに縛られない表現者として活動。2013年には文化庁文化交流使としてイスラエルに1年間滞在、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点にヨーロッパ諸国にて活動。第40回 日本アカデミー賞助演男優賞受賞。第10回 日本ダンスフォーラム賞 2015受賞。

【主なパフォーマンス作品】

  • 『Dust』振付:インバル・ピント&アブシャロム・ポラック(2013,14)
  • 『PLUTO』振付・演出:シディ・ラルヴィ・シェルカウイ(2015,18)
  • 『Judas, Christ with Soy』振付・出演:エラ・ホチルド、森山未來(2014-16)
  • 『Vessel』振付:ダミアン・ジャレ 舞台美術:名和晃平(2016-2018)
  • 『凸し凹る』振付・出演:大植真太郎、森山未來、平原慎太郎(2018)
  • 『SONAR』振付・出演:森山未來、ヨン・フィリップ・ファウストロム、音楽:及川潤耶 (2018)
  • 『Is it worth to save us?』振付・出演:伊藤郁女、森山未來 (2018)
Takashi Kawachi
Takashi Kawachi

Stage Manager

河内 崇/舞台監督

千葉県出身。ダンスがない日常よりも、ある日常の方がよいのではないかと考えているので、様々な場に参加しています。

Yasuyuki Yoshieda
Yasuyuki Yoshieda

Lighting Designer

吉枝 康幸/照明

東京都出身。1977年生まれ。1998年株式会社クリエイティブ・アート・スィンク入社、2006年新進芸術家海外留学制度にて渡英、2009年独立しフリーランスに、2016年株式会社YAS設立。

Raku Nakahara
Raku Nakahara

Sound Designer

中原 楽/音響

千葉県出身。スピーカーの配置をデザインする時、3Dのパズルのように音を空間にはめ込む妄想が脳内で始まる。Luftzug所属。

Sou Matsuzawa
Sou Matsuzawa

Videographer

松澤 聰/映像

大阪府出身。イスラエル・ベツァレル美術デザイン学院卒。好きな食べ物・甘いもの。思い出の場所・エルサレム。

Junko Yano
Junko Yano

Promotion Designer

矢野 純子/宣伝美術

沖縄県出身。宣伝美術として舞台に関わる。異なる分野をつなぐ事にワクワクし、対象を問わずデザインしている。

Kaoru Muramatsu
Kaoru Muramatsu

Production Manager

村松 薫/制作

愛知県出身。2012年より北九州芸術劇場に 勤務し、地域密着のダンス企画を多数手掛ける。現在は東京を拠点に制作として活動。

Honoka Ishibashi
Honoka Ishibashi

Production Assistant

石橋 穂乃香/制作助手

東京都出身。2007年頃から女優を始める。2010年で初舞台『カフカの変身』で森山氏に出逢い、その直後に辻本氏に出逢い、二人に魅了され、あれよあれよと、制作へ。